2011年最初の部分的な未払い給料日

2011年の最初となるはずであった給料日は、現金収入が低いままであるため何百という非重要業務にあたる公務員に今日支払われることはないでしょう。


これはCNMI政府がひどい現金不足のために、部分的な未払い給料日が始まった20106月から8回目になります。


2週ごとの政府賃金総額は少なくとも4百万ドルが必要とされます。


予定されたように、連邦政府によって資金供給されたそれらと同様に、重要な業務ポジションの政府職員だけが今日それらの給与を受け取るでしょう。


多くの公務員が会計年度2011年予算法の下で、すでに給与毎の16時間の労働時間削減と無給休暇を受けさせられています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です