CUC志願者が撤回

コモンウェルス・ユーティリティー株式会社の廃水ポジションのために雇われた志願者が彼の雇用を無効にしました。


CUCの人事部長フランキー・セペダ氏によれば、この候補者が撤回した理由は彼の給料問題だったとのことです。


同氏はCUCが連邦の明記された命令によって義務付けられたポジションに、米国で提示されたこれらに一致した給料レベルを提案していると述べました。


今週、彼らは廃水の担当者となるために雇用された人物がCUCに出社することを期待していると同氏は言っています。


類似の任務で2名の志願者がサイパンで31日に出社するでしょう。


21日までに、水道担当の別の新従業員がロタで出社しますとセペダ氏。


CUCAbe Utu Malae局長は、来月も上下水道の新部長代理を迎えると述べました。


このポジションは昨年の3月から空いています。


同氏によれば、20103月にその契約が更新されなかったBruce Megarr氏によってこのポジションが空席となったとき、同氏が部長代理を代行したと言っています。


同氏によれば、明記された命令によって義務付けられているこの職はワシントン州のAlan Fletcher氏が受け入れているとしています。


昨年の12月にサイパンを訪れたFletcher氏は221日に出社します。


求人広告によると、部長代行は年間100,000ドルから120,000ドルを受け取ります。


Malae局長は、2回目の給料が支給された後、出社を辞めた米本土から雇用された志願者の行方を追っていると繰り返し述べました。


この人物は雇用契約書に署名し、米国の明記された命令任務に取り組むはずであったと同局長は言っています。


先週、CUCは上級エンジニアとエンジニアの2つの職の求人を発表しました。


セペダ氏によれば、このオイル技術管理者の職は201011月から空職であったとしています。


それは以前William Sword氏によって保持されていたもので、タンク104の清掃を含めて、石油流出防止を監督する責任があるポジションです。


マラス局長は電子メールで、新しい専門的なマネージャーが雇われるまで、CUCSword氏に週のうちの数時間、手を貸すように求めていると言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です