太平洋の国の合衆国労働者ビザ計画

太平洋の島国の1つが請願された労働者ビザ・プログラムH-2AH-2Bを提言したように、米国大使館はフィジーの融合政策を遂行しました。


大使館からの声明によると、アメリカ政府は、フィジー、キリバス、ナウル、パプアニューギニア、サモア、ソロモン諸島、トンガ、ツバルとバヌアツを参加資格がある国のリストに加えることによって、合衆国で、そしてまた、その領域、特にグアムで熟練労働者の必要を是正することを求めるとしています。


オーストラリア、ニュージーランド、太平洋の島事務局米大使スティーブン・ McGann氏は、「太平洋の年」として2007年のその任命に導いたアメリカの取り組みを組織化しました。


フィジー、キリバス、ナウル、トンガとツバルへの合衆国大使として、 McGann氏は地域経済への送金の重要性から判断して、可動性労働のカギとなる問題を含め、地域の問題解決に焦点を当てたままでいます。


彼の指導力の下で、スバの米国大使館は労働、公共交渉駆け引き、科学の、健康環境と技術のエリアにおける太平洋の中での合衆国の取り組みを調整しました。


一方、フィジーの労働省はその改良された法律の下で、省からの適切な認可なしでリクルート・エージェンシーが活動していることに気付いています。


フィジー・タイムズによって求められたそれらリクルート・エージェンシーの正確な数がまだ提供されていなかった時に、管轄省は認可なしで海外の雇用に着手している「多数の職業紹介所」があったことを確認しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です