今春巡ってくる、より高額なポンプ価格

あなたがたの子供たちがイースター・エッグ・ハントを迎えるまでに、現在1ガロンおよそ3ドルである給油ポンプ価格がバーゲンのように思われることになるでしょう。


ポンプ価格は121日以来9セント近く上がっており、今週は1ガロン3.10ドルで頂点となりました。この価格は次の数カ月にわたって少し上昇するか、あるいは下落するかもしれませんが、アナリストは夏のドライブ・シーズンに向けて3月、4月までにガロン3.20ドルから3.75ドルに達すると予想しています。


AAA、ライトエクスプレスと石油価格インフォメーション・サービスによれば、レギュラー・ガソリンの国際平均価格は金曜日で約3.12ドルです。


大都市の平均ポンプ価格範囲は2.81ドルから3.70ドルです。たとえば、ソルトレイク・シティはガロン2.74ドル、ニューオリンズで2.97ドルです。サンフランシスコの自動車利用者はガロン3.44ドルを支払っています。ホノルルではガロン3.58ドルです。


中国がその経済成長をコントロールするためにもっと多くの制限を課すかどうか、そして米国経済がより良い方向に向かう更なる指標を見てトレーダが憶測したように、原油価格は金曜日に再び落ちました。


3月納入のオイル基準は、ニューヨーク商品取引所において1バレル89.11ドルで落ち着き48セント下がりました。


他の Nymex 取引で、暖房用石油は1ガロン2.6508ドルでおさまり2.76セント上がりました。ガソリンは1ガロン2.4589ドルで収まり3.64セントを増となりました。


3月納入の天然ガスは千立方フィート毎に4.743ドルで落ち着き5.1セント高となりました。


ロンドンでは、ブレント原油が先物取引所で1バレル97.60ドルで収まり1.02ドル上がりました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です