しばらくはCWステータスについての質問はなし

米国の市民権とイミグレーション・サービスはプログラムを統括するであろう3月に発表が予定された最終規則の発表を待って CWステータスあるいは、CNMI限定移行労働者に関係する質問を受けていません。

連邦政府が20091128日に島のイミグレーション・システムを引き継ぐ前に、CW規制は採択されているはずでしたが、ワシントンを拠点とした裁判官が、「官報」で提案された規制を公布することにおいて、米国土安全保障省が技術的な規則に従わなかったというフィッティエル政権の主張に同意し、そのために再公布は大衆にコメントする十分な時間を与えることが必要とされました。

CNMI労働局は2009年の間に他国籍市民労働者への合計15,067件の労働許可証を処理したと報告しましたが、若干数が2年の許可証を得たか、あるいはそれらの分類を変えたことで、この数字が人々の実際の数を反映しなかったことを強調しました

米国の連邦労働者行政監察官オフィスは、他方で16,304人の他国籍市民労働者が同じ年にCNMIで書類処理されたと報告しました。

これらの労働者の多くは、島の経済のバックボーンである観光産業に関係があるビジネスで雇用されました。

彼らは連邦のH1あるいはH2ビザを申し込む資格がありませんが、CWステータスがもしUSCIS によって与えられるなら、20141231日の移行期間の終わりまで彼らにCNMIで働くことを許すでしょう。移行期間は、しかしながら、連邦政府によって延長されるかもしれません。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です