労働局が印刷会社の給与受給者を調査

時間通りにその従業員に給料が支払らわれなかった訴えが起されたことで、労働局は印刷会社に毎月の給与報告を行政審理オフィスに提出することを命じました。

ジェリー・コーディ審理官によれば、125日の聴聞会において、ウィン・ガイド・カラープリント社の所有者でASG 株式会社の総支配人、ティルソ Segismundo氏は、会社が6人の在住労働者を含む31人の従業員に22,000ドルの債務と2回分の給料が残されてあったことを証言しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です