新たな外国人投資家は合衆国E2ビザを取得せねばなりません

米国の市民権とイミグレーション・サービスは、新しい外国人投資家がINA連邦移住帰化法令の下でE2ビザを取得すれば、当地でビジネスをすることができると伝えています。

ロシア人投資家は以前、彼らがもしCNMIに投資したならば、合衆国ステータスを手に入れることができると信じさせられたと訴えました。

中国と韓国からの他の潜在的投資家は民間のビジネス・グループから以前、紛らわしい広告によってここでビジネスをするよう求められました。

USCISの地域メディア・マネージャー、マリー・テレーズSebrechts氏は、そのイミグレーション・システムが連邦の統治下に置かれたために、新しい外国人投資家はE2ビザの下でだけCNMIでビジネスをすることができることを理解することが非常に重要であると言いました。

Sebrechts氏によれば、CNMI限定E2非居住者投資家ビザは、INAがCNMIに延長されたとき、あるいは20091128日以前に、すでにここに居た長期ビジネス許可証保有者だけのためのものであるとしています。

「ECNMI20091128日の時点ですでに存在しているそれらのCNMI投資家ステータスのための一時的なプログラムであり、新たな投資家のためのプログラムではありません。移行期間の終わりの20141231日に将来の新しい投資家とCNMI2投資家は、投資に基づく合法的な移住ステータスを得るか、あるいは続けるために通常のINAステータス(E2、EB-5グリーンカード、あるいは他の選択肢を基本とした条約)を得ることが必要となります」とSebrechts氏は電子メールのインタビューでバラエティー紙に応えました。

知事は最近、貿易、経済と投資に関して両国の拡張された関係の可能性を論じるために台湾に行きました。

中国と異なり、台湾は合衆国が貿易条約を持っている国のリストに載っています。

これは資格を持った台湾の投資家にE2ステータスを得る権利を与えています。

このリストにある他の国々は、アルバニア、アルゼンチン、アルメニア、オーストラリア、オーストリア、アゼルバイジャン、バーレーン、バングラディシュ、ベルギー、ボリビア、ボスニア&ヘルツェゴビナ、ブルガリア、カメルーン、カナダ、チリ、コロンビア、コンゴ(ブラザビル)、コンゴ(キンシャサ)、コスタリカ、クロアチア、チェコ共和国、エクアドル、エジプト、エストニア、エチオピア、フィンランド、フランス、グルジア、ドイツ、グレナダ、ホンジュラス、イラン、アイルランド、イタリア、ジャメイカ、日本、ジョーダン、カザフスタン、キルギスタン、ラトビア、リベリア、リトアニア、ルクセンブルグ、マケドニア、メキシコ、モルドヴァ、モンゴル、モロッコ、ネザーランド、ノルウェイ、オーマン、パキスタン、パナマ、パラグアイ、フィリピン、ポーランド、ルーマニア、セネゲル、シンガポール、スロバキア共和国、韓国、スペイン、スリランカ、スリナム、スウェーデン、スイス、タイ、トーゴ、トリニダードトバコ、チェニジア、トルコ、ウクライナ、イギリス、ユーゴスラビアなどです。

「台湾と韓国両方が条約国のリストに載っています。それでもし彼らが他の条件を満たすなら、彼らは通常の条約投資家E-2の資格を有することになります。中国からの投資家は、中国が条約を持っていないため、別のカテゴリーの資格を得ることになります」と彼女は述べました。

USCISCNMIでビジネスをすることについての可能性を検討している外国人に次のリンクをチェックするように助言しています:http://travel.state.gov/visa/temp/types/types_1273.html#3 or the
USCIS website.

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です