AGが政府公開法を改正するための草案を準備

エドワード・T・バッキンガム司法局長は、彼のオフィスが政府公開法を改正する草案を準備したと言っています。


この法案ドラフトは個人のプライバシーの保護と公共利益の間のバランスを見いだすことを望みます。


この提案は「公開記録」に反対の立場を取る1個人の「個人情報」を明瞭に定義します。


それはまた「不足している公共財源を維持する」ために法廷の「最小の掛かり合い」を求めます。


この提案は同じく1政府公開法要請に従うための期限を0日から15日に増やすでしょう。


バッキンガム氏は金曜日のインタビューで、大衆が政府の活動について熟知する必要と願望があると言いましたが、他方で、「ある特定の情報が公共の視野から保留される必要があります」としています。


バッキンガム氏は、政府が厳しい財政の限界に直面しているため、公共事業に利用可能なその従業員の労働時間が非常に限定されていると言いました。


成功裏に議会の法律からの免除を終わらせる運動をした政府公開法提唱者前下院議員のティナ Sablan氏は、それを「調整したい」という政権の願望に懸念を抱かされると述べました。


彼女は、法律の改正は通常、市民が公開記録と公共のミーティングにアクセスすることをより難しくするように、それを弱めることを意味していると言いました。


政府の透明度はいかなる民主主義においても基本理念です、と彼女は付け加えました

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です