NMI、連邦当局はテニアン論争を調査すべき

CNMIと連邦当局はテニアンのトップ市議会職員によって非行が犯されたと主張されていることを調査するべきです、と匿名希望の住民が言っています。


彼はラモン・M・ Delaクルーズ、テニアン市長に対する非難が島の全ての共同体に影響を与えると言いました。


「主張が本当であるか否かにかかわらず、人々の士気は影響を受けていますが、それはそれの終わりではありません」と彼は言いました


市長は公共基金を浪費したと言って非難されました、そしてこの問題が扱われるまで、島は新しい投資家を連れて来ることが難しいと判断せねばなりません、とこの住民は言っています。


島のイメージは被害を被っているとこの男性は付け加えました。


見込みがある投資家もまた彼らが取引きする当局者の「道義的な性質」を知ることを望みます、とこの住民は言いました。


「私はこの問題が解決され、そしてテニアンの指導体制がこの問題を取り扱う方法を見いだすことを希望しています」、と彼は述べました。


彼は公的監査役オフィス、司法局長オフィスと連邦機関が介入するべきであると言いました。


「いま行動をとるべきである行政機関の代わりに、いまメディアがこのケースを調査しているように思われます」と彼は付け加えました。


前ゲーミング・コミッション(賭博委員会)のマーティン・サンニコラス氏はすでにOPAにデラクルーズ氏の捜査を求めています。


前サイパン評議会メンバーのフェリップ・Q.アタリグ氏は、彼の立場で、FBI連邦捜査局に捜査に入るよう求めています。


市長はいかなる非行へのかかわりも否定しています。


この住民によれば、このケースが提出され、そして法廷が決定を下すまで、人々は市長に疑いを追及されない特典を与えるべきであるとしています。

しかしながら、もしこの訴えを主張し続けるなら、それは同様に市長の家族だけではなくテニアンの人々にも影響を与えるでしょう、と住民が言いました

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です