労働局が前のケーブルビジョン従業員に弁護士費用を支払うことを命例

CNMI労働局は、CNMI ケーブルビジョンLLC(有限会社)に差別され不当に解雇されたと主張する合衆国市民の訴えを却下し、同氏の訴えに対して自身を弁護することに関して同氏の前雇用主の弁護士費用を支払うように命じました。


労働局でジェリー・コーディ聴聞官は、キース・ランプキン氏が被告CNMIケーブルビジョンに対して提訴した本件は取るに足らないものであったと述べました。


「判決はすべての訴えと申し立てにおいて、本件から却下された、1番目のクレーム以外、被告CNMIケーブルビジョンに優位が与えられています。被告はここに、弁護士費用の詳細な申告の見直しに従って決定されるその額に関して、この命令が発行された日付より15日以内に、本件の弁護行為で生じたその適切な弁護士費用を与えられます」とコーディ氏は同氏の命令の中で記しました。


この書類によれば、ランプキン氏は2009723日から20101014日までCNMIケーブルビジョンで発送係りとして働きました。


2010年10月14日に、彼の管理者、マーク・バーミンガム氏は、そのときCNMI最低賃金レート5.55ドルが支払われていたランプキン氏に、彼が(すでに)置換されていると伝えました。


ランプキン氏は、理由のない解雇と雇用者の怠慢と主張された彼の給料を時間6ドルに引き上げることを含めて8件のクレームを引用して、労働局に訴えを起こしました。


捜査において、ランプキン氏がグアムで逮捕され、そこの拘置所で2週間を費やしたたことで仕事に行くことが出来なかったことが決然とされました。


この書類は同氏の逮捕については陳述しませんでした。

聴聞間は「結論として、従業員はいかなる実態もまったく不足する彼の主張したクレームと主なクレームのいずれも証明する彼の要旨を満たすことを損ねている」と述べ、判決はすべてに関して被告に優位とされるべきです。被告は制裁裁定と弁護士費用を求めています」とコーディ氏は記しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です