ドロマル氏は改善されたステータスにもう楽観的ではありません

人権擁護家のウェンディー Doromal氏はもはや米国議会がCNMI外国人労働者に改善されたステータスを与える法律をすぐに通過させるは信じません。


ロタの元教師で現在フロリダ在住のドロマル氏は、内務省が去年その提言をした後、民主党の主導権下の第111回議会で迅速に行動されることに希望を持っていましたが、彼女はこの問題が連邦の国会の選挙によって影を薄くされたと述べました。


共和党員は今米国下院の管理下にあります。


「再び極めて分極化された、そして党派心が強い議会がある今、私は近い将来いかなる法律も通過させられることが期待できないと感じます」とドロマル氏は電子メールでのインタビューでバラエティー紙に伝えました。
しかしながら、彼女はまだ議会が外国人労働者に賛成して、結局は行動を行うであろうと信じています。


20105月に、20091128日に効力を発したU.S. P.L. 110-229の米国の整理統合される天然資源法令の命令に従って、内務省はCNMIで資格を持った外国人労働者のために改善されたステータスを提言する報告書を議会に提出しました。


提言された5つの選択肢は;彼らに合衆国市民権を授けること;最低5年の合衆国とその領域のいかなる場所ででも居住を費やしたことで、合衆国市民権に導いている永住権が


最小居住で、;あるいは、5年の最小居住で、合衆国市民権に導く永住権を彼らに与えること:あるいは最低5年間を CNMIで過ごした彼らに合衆国市民権に導く永住権を彼らに与えること。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

GAO当局者がサイパンに到着

次の記事

「FASステータスは最少の影響」