サブラン氏がE-2投資家のビザを提案

アントニオ・P・サブラン下院議員は米国の国務省に、その受取人に島から自由に旅行することを許すE-2CNMI限定投資家ビザを提供するよう求める決議を提起しています。


下院合同決議17-26は連邦政府に資格あるE-2 CNMI限定投資家ビザ保有者とその扶養家族のために代用ビザプログラムを与えるよう要請しています。


20141231日に期限が切れるE-2 CNMI限定投資家ステータスは、多年CNMIに住んでいる投資家に移行期間中コモンウェルスに留まることを認めています。


サブラン氏は、彼らがビジネス関連の旅行に出発しなければならないとき、連邦外で立ち往生させられるのであれば、それは投資家自身のためだけでなく、CNMI経済にとっても有害であるでしょうと述べています。


彼の決議案によれば、彼らがCNMIを出国した場合、ここでのビジネスを未だ継続するために戻ることができるように、米国の国務省はこれらの投資家に代用のビザプログラムを与えるべきであるとしています。


同氏はまた、連邦当局にE-2投資家の扶養家族も同様に自由な旅行を認めることも望んでいます。


サブラン氏は、これらの長期投資家と彼らの家族は米国市民権とイミグレーション・サービスによって受け入れられているが、CNMIに留まることを許されているだけであると述べました。


期間を変更するこの長いビザ処理は、時々最高90日を要しなければなりません。

これはビジネス関連の旅行に出るために「彼らの能力を妨たげます」と同氏は言っています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です