ホライゾン社が3月27日から8.5パーセント値上げを公表

ホライゾン運輸社はグアム-CNMIに対する燃料調整要因が327日から28パーセントから36.5パーセントに上がるであろうと発表しました。


この公表された値上げは、ホライゾン社による発表によれば、STB陸上郵送機関委員会が米国本土、グアムと北マリアナ諸島の間を行き来する輸送出荷を左右する関税率-関税353344961が提出されたとしています。


上昇する燃料価格を引合いに出して、マトソン社とホライゾン社は最近その出荷レートを4.75パーセントまで値上げしました。


マトソン社は129日に値上げを発表し、131日にホライゾン社が追随し、227日にそれらの燃料サーチャージを23.25パーセントから28パーセントに引き上げています。


ホライゾン社は燃料原価をモニターし続け、その傾向を根拠に燃料追加料金を調節するであろうと言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です