CPAは空港、海港の料金引き上げを否定


CPAのエドワード・デレオン・ゲレロ局長は、政府機関


「輸送(出荷)経費は引き上げられ、我々の海港と空港でのwharfage の条件と他の料金に関して我々はそれをコントロールできませんが、今回変更を実行する計画はありません。この経済状態ではしません」と同氏は述べました。


海港マネージャーのMaryAnn Lizama氏によれば、CPA2009年にその最後の wharfage の値上げを行い、それはそのオペレーションで多くの財政のチャレンジにもかかわらず既存のレート案に固執するつもりです。


「料金値上げの代わりに、我々は我々のオペレーションを維持するためにCPAの出費を削減することを検討しています。我々 は(今まで) ことが


CPAはすべての出費を最小にする会計年度2010年のCPA部門で6カ月間の労働時間8時間の全面的な縮小を実行しました。この隔週80時間の業務スケジュールはこの会計年度だけで回復させられました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です