市民に対するFAS類似ステータスの影響を熟慮

上院議会は連邦下院議会に、現地上院議員が10回の公聴会を行った後に提案しているCNMI長期外国人労働者に改善されたステータスを与えることの、米国市民に対する社会経済的影響を熟慮するよう求めています。


上院は、2008年の時点でCNMIに少なくとも10年住んでいる外国人労働者に、自由協定国家に与えられたこれらに類似したステータスを与える連邦議会への委員会の最終提言を採択して昨日公式に決議を改正しました。


この改正はまた、「彼らに社会の生活保護と雇用利益の権利を与える改善された合法的ステータスを非居住者労働者に認めることの」CNMIの米国市民に対する経済的な効果と雇用影響を熟慮することも求めています。


80で上院は昨日午後、上院決議17-42上院提言ドラフト1を採択しました。


Jude U. Hofschneider上院副議長によって提出されたこの決議は、ゲストワーカーのイミグレーション・ステータスを改善することに関する上院提言を採択するよう連邦議会に促します。


それは米国とコモンウェルスの間の盟約で保証されたように自治政府の権利の保留と、ゲストワーカーの改善されたイミグレーション・ステータスに関する思慮ある妥協としてFRIA委員会の提言を「受理するよう」議会に要請することが一部に表明されています。


FRIA連邦関連と独立機関に関するホフシュナイダー氏の委員会は、20106月から8月まで、CNMIの長期外国人労働者に改善されたステータスを与えるかどうかについて7回の公聴会を開催しました。


この公聴会を基に、FRIA委員会は連邦化法が署名された時点で最低10年間CNMIに住んでいる外国人労働者にFAS類似ステータスを与える連邦議会への提言を立案しました。


委員会はこれらの外国人労働者がFAS類似ステータスを申請するには2013年まで、あるいは期限まで追加の5年を待つことが含まれたこの提言を改訂しました


FRIA委員会は一般大衆に最新の彼らの提言を提示するため追加の公聴会を3回開催しました。


ロタ、サイパン、テニアンのこれら最新の公聴会の結果として、委員会はFAS類似ステータス取得資格者になるための追加の5年を破棄することを決定しました。


パラオ、マーシャル諸島、ミクロネシア連邦州のポンペイ、チュイック、コースライからのFAS市民は、米国本土とその領域に旅行、居住、労働、就学ができます。


グレゴリオ・キリリ・サブラン連邦議会代表は電話インタビューで、CNMI上院がワシントンに入り次第、彼らの提言を届ける手伝いをするであろうと述べました。


数多くの労働者が連邦議会への提案の結果にCNMI上院を称賛しました。いくつかの労働者グループは、しかしながら、完全な市民権あるいは「グリーンカード」あるいは市民権への道を「長期外国人労働者」に与えるよう連邦議会に訴え続けています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です