グアム会議がFAS移民の重要性を強調

グアムのビジネススクールと行政の大学は、最近アウトリガー・ホテルで経済学と情報技術についての国際会議を開催しました。


この会議は地域のシンクタンクが、地域の中でリーダーに指導を提供する地域の考えを指導するよう要請しました。


会議プレゼンター、UOG ロン・ McNinch教授とデイビッド・ルイ・ベル氏は、自由提携の契約を持っている島と合衆国の間の開発と業務、貿易のために15年の協定のようないくつかのポイントを概説した研究書類を提出しました。


自由提携契約として知られている契約を結んだこれらの島々と、独立国家と-ミクロネシア連邦諸州、マーシャル諸島共和国とパラオ共和国-は合衆国との関係を定義づけます


McNinch氏はグアムの人口は、この地域で3番目に大きな人口、およそ19,000人、11パーセントの地域住民を持っていると言いました。


島の労働集約的な経済がこれらの住民にたいへん依存しているため、これはグアムへの経済的利益を意味します。ある特定の から パーセント がチュイック、ヤップ、コースライ、ポンペイの FSM国家から


最終結果は地域住民がグアムの最新の経済の基礎であり、そして彼らなしでは、グアムのインフレーションがより高くなるであろう、とベル氏が会議参加者に伝えました。


「これはビジネスの現実です。彼らの労働源なしではグアムのインフレーションがより高まるでしょう。そして人はこれらのポジションが空いていて、満たすことが難しいことを覚えていなくてはなりません」とベル氏は述べました。


2人はグアムがFAS市民と地元住民の間に移住緊張のようなものに直面する挑戦を概説しました。


もう1つの挑戦がグアムの役割を概説する文化変容、合衆国と地域の政府に関する政策の欠如です。


ベル氏は例としてグアム警察局を用いました。それは、警官が合衆国市民でなければならないため、課の中でほとんどFAS警官がいません。ベル氏はこれに寄与する他の要因があることを認めましたが、もしこの必要条件が取り除かれたなら、それは少なくとも住民に警察に合流する機会を与えるであろうとしました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です