イノス氏がCUC 民営化柔軟性法案に署名

イロイ・S・イノス知事代行は昨日、政権が財政難のCUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社とその老朽化している発電所を民有化することをより容易にする法案を法律にするべく署名しました。


CNMIのエネルギー資源が今までに30パーセント更新可能であるべきであったことを指摘して、それが改善され、そしていっそう効率的なユーティリティーへの道を開くであろうとして、イノス氏は下院法案17-114が「非常に重要である」と表現しました。


彼は下院少数派院内総務ディエゴ・T・ Benavente議員を含めて、イノス氏が連続的に増加する燃料費の影響を楽にするために役立つであろうとする法律を通過させたことに対して、その編者スタンレー・T・トレス下院議員と議会の他のメンバーに感謝しました。


「それはパーフェクト・ストームです」とイノス氏は、議会と政権が人々の負担を緩和するために一緒に行動するすべてが歓迎されると付け加えて、CNMIの現在の経済状態に言及しました。


H.B. 17-114今、パブリック法17-34になり、イノス氏はCUCが関心のある投資家に提案要請を出すことを期待すると言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です