NMIへの日本人団体旅行キャンセル

日本での島のトラベル・パートナーは近々に予定されたCNMIへのグループ旅行のキャンセルを報告しました、と昨日フィッテイェル政権は述べました。


エンジェル・A・Demapan 報道官は、MVAマリアナ観光局と政府高官がローカルな観光事業に対する日本を襲った大惨事の影響と「日本で我々の兄弟と姉妹を助ける」CNMI救援活動の可能性を論じたと言っています。


Demapan氏によれば、「我々の日本のトラベル・パートナーはグループ旅行のキャンセル数が増加するのを見始めています」としています。


多くのグループ旅行者がマグネチュード8.9の地震と日本の東北地方に壊滅的打撃を与えた津波の結果として、ツアー・キャンセルのために与えられた権利放棄(免除)を利用しています、と同氏は付け加えました。


「これが残念なシナリオであると同時に、コモンウェルスは同じく日本の我々の友人たちが今耐えしのばなくてはならない復興プロセスについて気にかけています」と報道官は言いました。


彼は政権とMVAが日本の共同体と一緒に救援活動を始めることを望むと言いました。


 


フライト


ニュース発表で、コンチネンタル航空は日本へのフライトを再開しています。


アジア太平洋通信部長のナガタ・コージ氏は、コンチネンタル社が地震の後、日本の空港の状態によって311日にグアムから日本までの往復フライトをキャンセルしたと言いました。


「しかしながら、仙台空港が現在閉じられるていることで、コンチネンタル社はグアム仙台ルート以外のグアムから日本までの標準的なスケジュールを土曜日(3122日)から再開しました」


Nagata氏は、コンチネンタル社は空港が稼動するとすぐに、その週4便のグアム仙台で通常のサービスを再開することを計画していると言っています。


313日に「コンチネンタル社はグアム仙台フライトのルートを東京、成田に変更し、我々の乗客をホームに送るために成田から仙台まで輸送の手配をしました。コンチネンタルはできるだけ早く仙台地区からのすべての乗客を日本に戻すことに努力し続けるでしょう」と同氏は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です