「代替」産業に移る時

前当局者が以前言っていた、そして現在の当局者は再びそれを言っています。


CNMIにとって「代替」産業に移る時期です。


昨日メディアの会議で経済修復サミットのオーガナイザーに合流したイロイ・S・イノス副知事は考えを行動に移すことについての重要性を強調しました。


「我々は(今まで)一連のサミットとミーティングを通して、どのように経済を改善することができるかを論じてきました。我々がどのように経済を改善することができるかについて、我々は考えを導入するために毎日ミーティングを開いています」


今必要とされることは「経済を改善するために行動をとる」ことである、と彼は付け加えました。


今年のサミットは来週サイパン・ワールド・リゾートで開催されるでしょう。


2年前の最初のサミットにおいて、政府の、そして民間部門の参加者が島の新しい基幹産業として農業、養殖、電話/データセンター、エコツアーと教育観光事業明らかにしました。


イノス氏は、日本の大惨事とその予想される現地観光事業に対する影響がCNMI政府と地元の人々をさらに代替産業を探すよう駆り立てると言いました


イノス氏は来週のサミットを楽しみにしており、そして「皆にどうか参加するよう求めている」と言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です