「必要とあれば放射能監視装置を送る-連邦政府」

フィッティエル政権は昨日、もし必要であれば連邦政府がCNMIに放射能監視装置を送るであろうと言いましたが、当局者は昨日の時点で、日本の核危機がコモンウェルスに差し迫った脅威ではないと言いました。


イロイ・S・イノス副知事もまた、グアムに本拠地を置く連邦機関がグアムとハワイからCNMIの特別委員会と他の連邦の事業体の間に絶え間ないコミュニケーションを持つほかに、もし必要なら、 CNMIを支援する準備ができている状態にあると言いました。


これら は


CNMIは特に核放射性物質のタイプではないが従来の生化学のテスト装置を持っているとイノス氏は言っています。


イノス氏は日曜日に日本の核危機をモニターするために、CNMI6人のメンバーの特別委員会を組織しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です