もうひとつの事業体がCUCの廃棄オイルに注目

若干の事業がそれらのエネルギー回復プログラムにそれを使い続けていますが、CUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社はその廃油の減少を指摘しています。


CUCのエイブ・Utuマラス局長は、サイパン・グランド・ホテルとサンシャイン・ランドリーに加えてGPPCもまたCUCの使用済みオイルに対して興味を表明したと言っています。


しかしながら、同氏はそれらの廃棄オイルの減少が主にCUCの焼却の努力に帰されると述べました。


マラス氏によれば、タンク12010711,200ガロンの廃棄オイルが残っていると言いました。


焼却のために第二の収容の中に廃棄オイル30ドラムがありました、と彼は言っています。


彼らは第二の収容の中に元来廃棄オイル227ドラムを持っていた、と彼は付け加えました。


同氏はタンク104からの沈殿物とロタからの廃油がすでに焼却されたと述べ、若干数が顧客によって彼らのエネルギー復興プロジェクトに使われたとしています。


廃油と水のおよそ4つから5つのドラムが発電所4から来また、と同氏は述べました。


このオイルは2週間以内に無くなるでしょう、と同氏。


CUCはまだそのエンジンのすべての清浄装置を取り換えていませんが、それがエンジンに燃料を供給することができるように、廃棄オイルに燃料を混ぜる新しい装置を獲得するでしょう、とマラス氏は言っています。


タンク104に沿ってタンク108110の清掃後、CUCは最低2タンクをオイル貯蔵庫に使用することを確実にするであろうと同氏は付け加えました。


マラス氏はそれらが同じく石油パイプ・ラインのリハビリテーションを続けていると言いました。


このプロジェクトの後に、「最も重要な努力は土壌の清掃あるいは改善です」と、同氏は付け加えました。


CUCの主要な問題はモービル・ターミナルからロアベースの発電所にディーゼル石油を移す石油パイプラインです、と彼は述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です