合衆国労働省当局者が外国人労働者、雇用者と会見

米国労働省の当局者が労働問題に関して2時間のプレゼンテーションを行うため、土曜日に外国人労働者と雇用者と会見します。


NMI労働者運動連合はこのイベントを組織化し、その会長Rabby Syed氏は合衆国労働省のディーン Tenorio氏とダン・ワング氏が均等労働基準法令を論じるであろうと言いました。


Syed氏によれば、労働者と雇用者が法律の下で彼らの権利と義務を知ることが重要であると述べました。


「私はプレゼンテーションに参加するよう共同体のメンバーに求めています」と彼は、健全に機能している環境を持続することが重要であると付け加えて、このプレゼンテーションは多くの質問に答えるでしょう、と述べました。


「両方のプレゼンターが免除、最低賃金、超過勤務手当、労働時間、控除と一般の誤りのような重要なトピックを議論するでしょう」とSyed氏は言っています。


米国の労働省当局者は同じく非居住者農民とハウス・ヘルパー(家政婦)の将来のステータスも論じるでしょう。


プレゼンテーションの後に問題と解答の時間があります、とSyed氏。


プレゼンテーションは座席数に限度があるために基本的に先着順で大衆に開放されています。


それは42日にアメリカン・メモリアル・パークのビジター・センターで開催され、午後5時から始まり午後7時まで行われます。


詳しくは、United Workers Movement at 888-4025.まで。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です