日本の大惨事が「死の谷」の期間を延長.

島の主な観光事業マーケットである日本からのビジターが来ない、あるいは極めて少数しかないことが予期されるため、4月から6月までの月をMVAマリアナ観光局はローカルの観光事業にとって「死の谷」期間と呼んでいます。


そして地震、津波と日本での核放射能の恐れのために今、イロイ・S・イノス副知事は「死の谷」の期間が予想より長いであろうと言っています。


同氏によれば、CNMI政府は今、韓国、中国のような他のアジア諸国の市場に焦点を当てなけらばならないとしています。


エンジェル・デマパン報道官と一緒にイノス副知事は先週日本に行き、CNMI観光事業が直面する挑戦について議論するため旅行代理店と会見しました。


明らかに、イノス氏は、国を襲った最近の大惨事は日本人の旅行計画に影響を与えたとして、若干の旅行エージェントが新しい旅行予約を報告したけれども、日本のたいていの人々は、彼らがどのようにこれらの危機的な時代にお互いが手を貸すことができるかを見出そうとしています、と述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です