CUCが再び明記された命令遵守できず

財政的に問題を抱えたCUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社は、財政における問題とロジスティクスのために2件の明記された命令における必要条件の1つを新たに満たすことが出来なかったことを連邦裁判所に報告しました。


CUCの代表弁護士デボラ・フィッシャー氏はNMI連邦地方裁判所に指名されたデイビッド・O・カーター裁判官に、臨時施設回答計画FRPをEPAに提出することにおいて、会社は415日の期限に間に合わせることができないと伝えました。


「現在のところ、CUCは散乱対応装置のためにオリジナルの懇願にあったアイテムの残りを購入する資金に欠けます。これがどのように散乱対応計画に影響を与えるか、発電所で変った状況に関する現場にそれらはあると同時に、CUCはEPAとのそれ以上の論議を行なうことを計画しています」とフィッシャー氏は米国の法務省環境執行セクションの裁判官とブラッドリー・R・オブライエン・シニア弁護士に宛てられた彼女の書簡で述べています。


フィッシャー氏は、しかしながら、CUCが明記された命令において特定の必要条件を満たすのに苦闘している間に、成功裏に(すでに)ある特定のプロジェクトを完了していたことを強調しました。


彼女はサイパンの主な発電所に位置している海岸近くのその燃料貯蔵所で立ち往生したおよそ40万ガロンの使用済みオイルの除去を指摘しました。


CUCは、モービルとのCUCの既存の協定に加えて緊急流出に遭遇する2つの契約を実行することを含め、その進歩状況を概説しました」とフィッシャー氏は同じ書簡で書いています。


「それはまた、タンク104の縁と施設のまわりに散乱した中に以前位置していた数百の使用済みオイル・ドラム缶と、タンク104の沈殿物と使用済みオイル40万ガロンのような、施設の中に存在した前回の脅威を排除していたことも指摘しました」と彼女は付け加えました。


しかしながら、411日にEPAは新たにCUC が環境法に違反した活動を行なったと連邦裁判所に訴えました。


EPA現場調整者ミッシェル Rogow氏は、その日、発電所1と2でCUCがオイルの浸かったぼろきれ、使用済みオイル・フィルター、電気ケーブル、オイル汚染された材木と産業廃棄物を燃やしたという情報を持っていると言いました。


彼女はCUCAbe Utu Malae局長に至急この行為を止めるよう求めました。


更に彼女はMalae局長に、その現場で燃えた材料のタイプと数量における特定の詳細と共に燃焼事故公開についてEPA9地域に通知を提供することを求めました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です