フィッテェル知事、CNMI限定法案に関してキリリ氏の幸運を祈る

フィッテェル知事は米国の議会でグレゴリオKilili Camacho Sablan下院議員のCNMI限定在留資格法案に反対しておらず、その「幸運」を望んでいます。


しかしながらフィッテェル知事はまた、共和党員によって支配された米国下院が、民主党員と提携させられるSablan議員が数週間前に提起したH.R.1466を通過させるかの疑いも表明しました。


「私は法案に反対しません。それはその法案を好まない米国の議会です」とフィッテェル知事は合衆国立法議員の目から見てCNMIが「何もなない」と付け加えて言いました。


知事はサブラン氏の法案から利益を得るであろう合衆国国民の子供たちと共に5千人の非居住者がいることを指摘しました。


米国議会のメンバーは非居住者のこのカテゴリーに永住資格をただ与えるとほど愚かではありません、とフィッテェル知事言いました。


「アリゾナ州は何年もの間それを試みています」とフィッテェル知事言っています。


水曜夜のアメリカン・メモリアル・パークでのタウンホール・ミーティングにおいてサブラン氏は、DHS国土安全保障省が未だ発効していない規則は雇用された非居住者だけを取り扱っていないと述べました。


「私はここの地雷敷設地帯を通り抜けています。それで私は一歩一歩これを行うことを望んでいます。私は決して皆にバラの庭を約束しませんでしたが、我々は一つずつそれを手に入れるつもりです」と彼は言いました。


サブラン氏はミーティングの後、リポーターに DHSが関係している問題に目を閉じていない、そして彼は「我々はおそらく今年の11月に集団国外追放を避けることができる」と信じていると言いました。


行政によって発効された非居住者へのアンブレラ・パーミットは20111128日に期限が切れます。


フィテイェル知事は外国人労働者を雇うことのためのDHS規則が来月発効されると信じています。


先週の金曜日、ワシントンでのDHS高官との同知事とのミーティングにおいて、知事は「数多くの問題を持ち込んだ-我々はオーバーステイ者(不法滞在者)に関する法執行がないことについて議論した。私は、規則なしで彼らを退去させる権限を与えられていないため、不法滞在者を出国させることが出来ないであろうと伝えた」と述べました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

更なるガソリンの値上げ