キリリ氏「オバマ大統領はCNMIイミグレーション問題に同情的」

連邦議会代表者のグレゴリオ Kilili Sablan下院議員は金曜日、家族を危険にさらしている連邦化法でのギャップについてバラク・オバマ大統領が懸念していることで同議員が提起したCNMIイミグレーション問題に対して大統領は「同情的であった」と言いました。


同時に、CNMIの労働者グループは金曜日、最低5年間合法的に CNMI にいた外国人のための改善されたイミグレーション・ステータスに関する米国内務省の1年来の提言に、議会が注意を払ってくれることを彼らが希望していると言いました。


Sablan氏は、彼が全国的なイミグレーション政策を論じるために火曜日にホワイトハウスでオバマ大統領と国会のヒスパニック幹部会とのミーティングにおいて、大統領にCNMIに特定されたイミグレーション問題を提起することが可能であったと言いました。


「大統領は同情的でした;そして彼は彼のホワイトハウス・スタッフが関係するようにして、いっそうしっかりとマリアナ諸島問題を検討することに同意しました」と Sablan議員は金曜日の声明で述べています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です