100Mの余裕ある投資家が知りたい「なぜ他の投資家の計画は失敗しているのか?」

$中国を拠点とする投資家のグループが金曜日、テニアンのカジノ・リゾートとサイパンのホテル建設を含め、CNMI1億ドルあるいはそれ以上を投資できると述べましたが、まず、他の国の投資家達がなぜ数100万ドルのそれらの計画を遂行できなかったのか、あるいは成功しなかったのかを知ることを望んでいます。


中国の不動産会社Sheng Jia Heng Xinの所有者タイ Liang Jia氏は、他のパートナー投資家22人とゲストと共に、サイパン、テニアン、ロタに9日間の実情調査のミッションを持っています。


通訳のJia氏は、彼らがコーラルオーシャンポイント、あるいはサイパン・グランドホテルを買収するかどうか決めてはいないと述べました。


「我々はどちらが最良であるか確かめていない。更なる調査が必要です」と二人の通訳の一人であるJia氏は言いました。


同氏によれば、彼らはまたテニアンで5千万ドルのカジノを建設する長期計画を持つブリッジ・キャピタル社との最終的な業務提携をする前に、更なる調査を行うことも望んでいるとしています。


「我々がわかっていること、ここに投資することを望んでいる多数の投資家が居るが、彼らは成功していない。我々はなぜ失敗したのか、理由を知りたい。我々は見たい。我々は急ぎたくはない」と彼は述べ、加えて彼らのここに来た目的は、彼らのような外国の投資家に政府の支援があるかどうかを見るためであるとしました。


彼らはまた、島の開発の進行、そして彼らの計画がうまく利益を得られるかどうかも見ることを望んでいます。


2ヶ月でCNMI3度目の訪問となるJia氏は、他の投資家22人、映画監督・プロデューサー、女優Liu Fang Yuさんらによって同行させられています。


彼らの数人はすでに中国に戻りましたが、先週到着してい以来、ほとんどがCNMI政府職員と民間事業者たちとミーティングを行っています。


このグループはテニアンのカジノ・リゾートとサイパンのホテルだけではなく、テニアンの新たな遊歩道、農業、フィルム産業、そしてとりわけ他の観光関連のベンチャーにも興味を持っています。


上院を訪問した後、同グループはまた金曜日に、テニアンの計画された遊歩道のためにコモンウェルス港湾局CPAとも会見しました。


上院で、上院議員は、テニアンとCNMIの「観光事業とカジノ・ギャンブル産業における彼の堅固な意志を持つ努力と、CNMI経済を活性化させることに対する彼の関心」のためにJiaに決議書を贈りました。


 


ポール・マングローニャ上院議長とジュード・ホフシュナイダー副議長を含むCNMIの上院議員4名が、Jia氏とブリッジ・インベストメント・グループの招待で4月に中国のTianjinBeijingに行きました。


Jia氏とグループのその他の人たちは、彼らがロタに「驚かされた」として、この島に投資もしたいと述べています。


元ブリッジ・インベストメント・グループの役員で、シャーマン・コンサルティングのフィリップ・メンディオラ・ロン氏もまた、Jia氏の投資家グループに現在コンサルタントとして務めています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です