拒否された 運転手 教育 法案


フィッティエル知事は金曜日、DPS公衆安全局の自動車課BMVに運転のクラスを提供するように要求する法案を拒否しました。


フィッティエル知事の拒否メッセージで、知事は議会に、それがパブリック法15-25になったその政策を通過させた時、それが5年前に創出された義務的な運転手教育プログラムの重要性を信じたことを思い出させました。


この法律は各学生に350ドルを請求する、サイパンの私立自動車教習所設立への道を開きました。


去年、350ドルを支払う余裕がないとした学生たちと親によって提起された懸念に応じて、初回の運転手に運転のクラスを申し出る権限をBMVに与える上院法案17-20を上院院内総務ピート・P・レジス氏は提起しました。この法案 は 15ドル ドル


上院は2月にS.B.17-20を通過させ、同時に下院は3月にそれを認可しました。


知事は、運転手教育プログラムの金銭的余裕に関してS.B.17-20で述べられた懸念に同情的であると言いました。


知事は、この いる にひとつしかないことを


しかしながら知事は、運転手教育プログラムを確立するためにBMVは用意も設備も整っていないと言いました。


「このプログラムを確立することは必然的に伴うインストラクターを訓練し、認められたカリキュラムを立案し、車を獲得し、それらに保険を掛け、そしてそのプログラムの運転指導の部分の燃料経費を要因に入れることを必要とする」と知事は述べました。


「 もし


知事によれば、運転免許証料金の提案された値上げは、道路を保全し、道路に街灯をつけるDPW公共事業局とCUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社に対してS.B.17-20が免許料の50パーセントを充当するため、運転手教育プログラムには資金を供給しはしません。


インタビューでレジス氏は、「コモンウェルスで運転を望む若い人々における問題が継続する」であろうと述べました。



レジス氏は立法機関が運転手教育を行う方法を見いだそうとしていると言いました。


知事の拒否の結果として、無免許運転の問題は継続するであろう、と彼は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です