フライ・グアムがモスクワ-サイパン間のチャーター便を模索

新たに設立されたフライ・グアムは、もし取引が完了すれば、疲弊している地元の観光産業を確実に助けるであろうとマリアナ観光局のマーケティング・マネージャー、ブルース・ベイトマン氏が言っている、香港経由でサイパンへのモスクワからのフライトをチャーターするために若干のロシアを拠点とする航空会社と交渉しています。


ロシアと中国は、グアム-CNMIビザ免除プログラムの下でビザのないその市民がマリアナ諸島に入ることを許される国のリストから除外されていますが、ロシア人と中国人観光客は米国の国土安全保障省の自由裁量のパロール・プログラムを通してコモンウェルスを訪問することができます。


ベイトマン氏によれば、毎年CNMIを訪ずれているロシア人の数は日本と韓国からの来島者と比較してあまりにも小さい分数であるけれども、彼らはより長く滞在するため、際立って地元の観光産業に貢献しているとしています。


「それは数値的に成長しています。そして彼らはここで長い時間を過ごします。それは我々が話をしているのは何千というユニットではありませんが、たとえ小さな変動でさえ、それは大きな一つの方法に見えます」と彼はバラエティー紙に語りました。


「ロシアのマーケットをその視野に置くことで素晴らしいことがあります。1つには、フライ・グアムがモスクワから香港まで、そして香港からサイパンまで人々を連れて来るためにロシアの航空会社とのパートナーシップ・フライトについて話をしていることです」と彼は付け加えました。


この会計年度の最初の6カ月間で2,839人のロシア人がサイパンを訪問しました。前年対比で23パーセント上昇。


ベイトマン氏によれば、フライ・グアムはモスクワからの人たちばかりでなく、サンペテルブルグとキエフを含むのと同様に東ロシアからの人たちを考慮に入れているとしました。


これらのエリアからの観光客は厳しい冬シーズンから逃れ、熱帯の観光地を訪問することを望んでいます。


フライ・グアムは多くのロシアの航空会社と交渉しています。


「私は(取引を得る)大きな可能性があると思います」とベイトマン氏は言っています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です