下院指導体制「ローカル・カジノ法案合憲」

下院の指導体制は昨日、ローカル法を通してカジノを許すことは合憲であると言って法的見解に達しました。


下院の法律顧問の意見のコピーは、「1つの上院地区の中でもっぱらローカルな問題に関連している法律は、議会によってあるいは地区を代表しているメンバーの過半数の賛成投票によって制定される」としているCNMI憲法の第二条セクション6を引用しています。


この条項はさらに「立法機関はそれぞれの上院の地区からメンバーによって制定される法律の主題となるローカルな問題を明確にするべきです」と言っています。


法律上の見解によれば、「コモンウェルスの法律とコモンウェルス規模の法律のいずれも違法行為を許すか、あるいは認めないであろう。したがって、サイパンでギャンブルを設立するローカル法案は[サイパンとノーザンアイランド(北島)の立法代表団の]正当な、憲法の行為です」としています。


昨日のインタビューで、ジョセフ・M.パラシウス氏は、彼もまた代表団の期待するサイパン・カジノ法案を通過させる行為が合憲であると信じていると述べました。


彼は、代表団がスタンレー・T・トレス下院議員の下院ローカル法案17-44に対して行動する前に、司法と政府運営と歳入調達についての下院委員会が公聴会を容易にするために一緒に働くであろうと言いました。


トレス氏は最初の公聴会が試験的に520日午後6時にマルチパーパスセンターで予定されたと言いました。


同氏は、サイパンとノーザンアイランド(北島)の市長、市議会メンバー、土着の問題オフィス、カロリン諸島民族問題オフィスの当局者、コモンウェルス・リタイヤメント協会のメンバーと職員、サイパン高等教育学費援助プログラム、コモンウェルス医療センターの医療照会オフィス、マリアナ観光局とサイパン商工会議所を招待しています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です