フードスタンプ給付35パーセントまで下落

米国農務省の栄養援助計画、NAPを通してフードスタンプを得ている住民は、極貧の受取人の数が島の経済危機の中で上昇する今月、35パーセントまで削減された彼らの給付を見ました。


3人の子供を持つ匿名の母親は、51日以前、彼らのフードスタンプは278ドル相当だったが、今は202ドルに下がったと言っています。


別の1人の子供の母親は新たな政策によって135ドルから82ドルに下がったとしています。


両方の母親はCNMIの観光事業を基盤とした経済が良くなる指標がないように、更に多くの人々がそれぞれの配分率を減らされ、それによって、生活保護を求めることを意味する状態が煩わしいと言いました。


それはコミュニティーと文化的な問題の課の下にあるNAPは、新しい政策が更なる通知があるまで効力を発するであろうと伝えました。


「フードスタンプ受取人(受給者)数の増加のために、NAPがこの増加をカバーする必要な資金に欠けるため、あなたの給付レベルは追って通知があるまで201151日から34.6パーセント減らされるでしょう。ご理解を感謝します」とNAPのエレノア・クルーズ氏は発表で言いました。


去年の時点でほぼ1万人の住民にフードスタンプが給付されました。


何人が今月の時点でリストに加えられたかはすぐに知らされませんでした。


USDAは2009年からNAPのために(今まで)12百万ドルをCNMIに与えていました。


2005年、CNMINAP予算はわずか840万ドルでした、とUSDAからの記録は示しました。


NAPは一括補助金を通して資金を供給され、そして1982年から島で実行されました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です