リベートは9月までに支給

収入・課税部門における人員不足ではなく、資金の欠如が給付金小切手の配布を遅らせるであろう、と昨日イロイ・S・イノス副知事は述べました


副知事はリポーターに、財務局は未だ収入・課税部門にファイルされたおよそ30,000件の所得税申告を処理していると述べ、政府は最初に税金還付を支払わなくてはならないと付け加えました。


これらは政府が払い戻す過剰支払いです、と同氏は付け加えています。


「我々が払い戻しを終えるまで、我々は最初のリベート支払いでさえできません。優先は払い戻しを支払いうことです。リベートは最後になるでしょう」と同氏は述べました。


人的資源と収入・課税部門の部長の欠如は挑まれていることですが、政府は新しいフルタイムの従業員を雇う資金を持っていません、とイノス氏は付け加えました。


「我々は人々を雇おうとしていますが、一番の問題は彼らのために我々が資金を持っていさえしないということです」と彼は言っています。


払戻しがどれぐらい早く支給されることができるか尋ねられたイノス氏は、おそらく9月中、あるいは夏の終わりまでと言いました。


イノス氏は以前、収入は連続的にファイルされているが「我々はリベートを支払い始める準備ができているという時点にはない」と言いました。


収入・課税対応マネージャーのElpidia B・Camacho氏は以前バラエティー紙に、その処理は彼らがどのくらい速くコンピュータ・システムに収益を入れることができたかによるであろうと言いました。


彼女はわずか7人の職員しかいないと言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です