捜索に更なるボランティア、ヘリコプター動員

ヘリコプターと更に多くのボランティアが、5日前に行方不明であると報告されたFaloma Luhkさん、10歳、と彼女の姉妹Maleina Luhkさん、9歳の進行中の捜索に、昨日地元と連邦当局に加わりました。


少女たちの祖父、Elbert Quitugua氏は、As Teo Sta. Lourdes彼らの住宅とカグマン・コミュニティ・センターで、更に多くのボランティアがその捜査に加わってくれてはいるが、彼らの家族はすでに「非常に動揺させられていた」と言いました。


CNMI緊急事態対策オフィスのジャック・オマール主任はバラエティー紙に昨日、捜索に参加したヘリコプターがグアムの米国海軍から来たと言いました。


クライム・ストッパーのコーディネーター、PO2ジェイソンTarkong氏は、当局が情報を断片を得ており、それらのそれぞれの妥当性を引き続き検査していると言いました。


同氏は昨日全島で検問所を設けたと述べました。


同氏によれば、200人以上のボランティアと共に90人の現地と連邦機関職員は捜査に加わったとのことです。


更なるボランティアがやって来ていたと同氏は付け加えました。


当局はまた捜索に参加するために合衆国からブラッドハウンド(警察犬)も得ようとしていました。


Quitugua氏は、当局、ボランティア、共同体の家族メンバー、友人たちとメンバーの努力に感謝を表現しました。


同氏の姉妹、Anicia Q・Tomokaneさんは、行方不明の子供たちに関するいかなるインフォメーションでも285-4048あるいは 911に中継されると言いました。


家族 は  http://findoursaipangirls.wordpress.com.


DPSは、白いブラウスとブルージーンズのペアを身につけているのを最後に見られた Falomaさんと、左ほお の があり、ブルージーンズに蝶のデザインの明るい緑のシャツを着ているのを最後に見られた彼女の姉妹 Maleinaさん、の居所を定めるためにコモンウェルス規模のアンバー・アラートを発効しました。


Quitugua氏は、彼らの家族が昨夜、徹夜で詰めてくれた共同体からの支援の流露によって圧倒されたと言いました。


彼はこの二人の子供たちの発見と安全を祈るために、最高600人の人がAs TeoSta. Lourdes Shrineに来たと推定しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です