月曜日に犬の鑑札(タグ)取り付け予定

月曜日にペットの飼い主が犬に鑑札(タグ)を付ける登録料を支払うことができる3つの場所を設けるでしょう、とサイパン市長のオフィスは言っています。


これらはススペのGuma Hustisia、キャピタルヒルのCNMI財務局オフィス、ジョーテンDandanビルの税務局です。


緊縮金曜日の午後4時に閉じられる財務局以外、月曜日から金曜日の午前730分から午後430分まで受け付けます。


犬監督プログラムのレイ Lizama部長は、現場でタグを付ける手順に進む前にペットの飼い主は支払いを済まさねばならないとと言いました。


月曜日に、犬の鑑札取り付けはガラパンのCarollinian Utt分館において午前9時から開始し午後4時まで行われます。


Lizama氏は、ライセンスを与えられた獣医からの卵巣除去/去勢の証明書を持つそうした人たちは割引料金を支払うことが許されていると述べました。


「我々は(今まで)このプログラムについて良いコメントを受けとっています」と彼は付け加えました。


その登録での遅れを避けるために、ペットの飼い主は完全な必要条件、支払いの受領書を含めて、ローカル身分証明書、犬、性別、色とその種属の名前を提供するべきです。


登録は先着順応対の原則となるでしょう。


Lizama氏は、もっと多くのペットが受け入れられることができるようにプロセスを促進することを望むと言いました。


市長のオフィスからの訓練された犬調教師が登録プロセス中の安全性を確実にするため口輪を犬に付けるでしょう。


予定された料金は以下のとおりです。


通常のすべての犬は、1年の許可証に10ドルの費用がかかります。;2年で18ドル;3年で26ドル;4年で34ドル、5年で42ドル。


手術済みの犬は、1年のライセンスに6ドル;2年で10ドル;3年で14ドル;4年で18ドル;5年で24ドルです。


去勢された犬の登録を望む高齢者、あるいは55歳以上の人は、1年のライセンスで5ドル、2年間で8ドル、3年間で10ドル、4年間で12ドル、5年間で15ドルです。


障害を持っている人々に従事する犬は無料となります。


「公共の場にあるとき、すべての犬の飼い主はいつも革ひもを適切に掛けて、彼らの犬を安全に保たなくてはなりません」とLizama氏は言っています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です