HANMI「観光産業は未だ外国人労働者を必要とする」

 


北マリアナ諸島ホテル協会の会長は、彼らの産業は未だ外国人労働者を必要としていると述べました。


「ホテルは未だ順調にホテル管理をするために外国人労働者を必要としています。私は全てのホテルが同じであると確信しています」とハイアットホテルのニック・ニシカワ総支配人は述べています。


「この業界は大変良い現地在住労働者を持っており、彼らは早く追いついています」と同氏は述べ、同じく現地労働者は近い将来外国人にとって代わるであろうことを信じているとしています。


ハイアットは約260人を雇用している、とニシカワ氏は述べ、半分は現地人労働者であるとのことです。


地震と津波の大惨事に帰せられる日本マーケットの一時的な真空状態で、ニシカワ氏は、ホテルは他のマーケット、中国、ロシア、韓国と米軍を検討していると言っています。


ハイアットが他のエリアで経費を削減したかどうかを尋ねられて、ニシカワ氏はそうしなかったと述べました。「実際5月に、我々は前年同月と比較してうまく行いました」.


同氏はバラエティ紙に、ホテルが稼働率で10パーセント増を得たと語りました。

同氏はこの夏、7月か8月に日本市場がリバンドすることを期待しています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です