フィッテイェル知事、再区画(再ゾーニング)法案却下を促される

前ゾーニング委員長のHerminia Fusco氏によれば、スタンレー・T.トレス下院議員によって提起された再区画法案は、サブラン氏の景色を変えるであろうとしています。


先週の書簡の中で、Fusco氏はフィッテイェル知事に、サイパンの多数の区域を再区画し、また、それらを土地使用カテゴリーの中にシフトすることを求める下院ローカル法案17-26に反対するよう促しました。


昨年で委員の任期を終えたFusco氏は、テノリオ氏の法案はサイパンの将来の景観を極端に変えるもので、すべての住民と来島者の不動産価値と生活の質に影響を与えることが広範囲に派生すると述べています。


彼女によれば、その理由を明瞭に表現するか、あるいは影響の分析を用意することなく法律を提起することは無責任であるとしています。


同氏は区域再調整によって商業地区に混ざった舗装された道の600フィート以内のすべての土地、いくつかの地区割り地区が排除されるであろうことを指摘しました。


 


これらは地区、ビーチロ―ド区画地域、ガラパン・コア、観光客リゾート区画地区とガラパン東部を含みます。これらすべては米国の内務省によって2007年に準備され、そして資金を供給されるガラパンとビーチ・ロード復興基本計画の一部です。


この土地使用計画は観光産業のためである、と彼女は言っています。


H.L.B. 17-26は「正当化することなくこれを切り捨てる」と彼女は付け加えました。


トレス氏はフスコ氏が「おそらく見当違いの」陳述をしていると言いました。


同氏は、フスコ氏の見解を尊重するが、「彼女は感情的になり過ぎている」と付け加えました。


前ゾーニング委員長はあまりにも制限的であると同氏は述べています。


「私は彼女の誤解に反駁するでしょう」と同氏は付け加えました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です