横領で告訴された前総支配人

サイパンのトランスポーテーション・サービスの前総支配人が横領で上級裁判所の訴訟を起こされました。


サイパン・ヤマズ・コーポレーションとして営業を行っているヤマズ・コーポレーションは、200610月から20097月までその役員のメンバーで、また20064月から20097月までその事業体の総支配人として務めたマコト・ヒラタ氏に対する陪審裁判も求めました。


ジュディー・トレス弁護士によって提出された訴訟は、200612月にヒラタ氏が105,236ドルの額を伴う会社資金を横領し始めたとしています。


この会社は島の輸送業務を提供しています。


この訴状によれば、「実際には[ヒラタ氏の]私利と用途であった購入」を、ヒラタ氏は会社のオペレーションのための購入と申告したとしています。


この無許可の購入には、レストランでの食事、ドッグフード、ヒラタ氏自身の住宅ユニットの電気料金、宝石に対する支払いが含まれていた、と訴状は述べています。


200912月にこの横領が発見されたとき、その社長への手紙で会社資金の105,236ドルを「不当に使ったことを認めた」ヒラタ氏と会社は対面した、と訴状は付け加えました。


会社は兌換、信認義務の不履行、そして/あるいは横領と詐欺の偽りの説明に対する救済措置、105,236ドルの特別な損害賠償金、経費と弁護士費用と他の救済措置を求めています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です