台風シーズンを予期してのCUCの塩素備蓄

台風シーズンが近づいていることで、CUCコモンウェルス・ユーティリティー株式会社は塩素シリンダーを備蓄している、とCUCのアラン・W・フレッチャー局長代行は言っています。


たとえその供給の流れが中断されても、CUCは安全な飲料水を保証することを望んでいます。


「我々の消毒処理プログラムの塩素の欠乏はありません」と同氏はバラエティー紙に伝えました。


フレッチャー氏は、CUCの消毒プログラムが直面する多くの挑戦にもかかわらず(今まで)非常に効果的であったと言っています。


「我々の配給システムのアップグレードと補修、そしてまた、家庭と事業者に質が高い飲料水を供給することにおいて、我々は我々の業績を誇りに思っています」と彼は言いました。


2010年、サイパンはわずか1件の大腸菌の水質違反に見舞われました、そしてそれは欠陥があるサンプル装置に起因するものでした。


しかしながらCUCは、全体的に過去数年にわたって優秀な記録と膨大な改良を確立してきました、と同氏は述べています。


彼は、水処理、研究所アナリスト、修理クルーとエンジニアリングのプロを含めて公衆衛生を守ることにおけるそれらの仕事のために、バーナード Keremius氏によってリードされたCUCの水処理チーム、飲料水セクション、に彼の特別な称賛を表明しました。


「各年我々は何千もの水質ときれいで安全な飲料水を我々の顧客に提供することに関する分析的テストを指揮することを記録することは重要です」とフレッチャー氏は言いました。


来月までに、CUCは共同体にCUCの進歩の更に完全な図を提供するためにその2010年の水質報告のコピーを配布するでしょう、と彼は付け加えました、。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です