下院が3件の決議を採択

下院議会は水曜日に3件の決議を採択しました。


テレシータ・A.サントス議員によって提出されたH.R. 17-53は、故ルーシア・カストロ Barcinasがロタの住民とCNMIの人々への彼女のたゆまぬ奉仕を認めるものです。


サントス議員はBarcinasがパブリック・ヘルス(公衆衛生局)で働いた46年間の彼女のすべての努力において、彼女の利他主義、奉仕と約束は忘れられない多くの心に触れた「よく尊敬された、そして大事な人」だと描写しました。


Eliceo D・カブレラ議長は司法部に5正社員(フルタイム)のポジションを埋めることを許すために、 H.J.R. 17-38を提出しました。


ミゲール・S・ Demapan最高裁判所長官は司法監督オフィスのために、司法部が2人の最高裁判所の法律書記官、裁判長に1人の秘書、1人のシステム管理者と1人のコンピュータ専門家の空きを満たさなくてはならないと言いました。


下院はまた、上院院内総務ピート・P・レジス氏によって提出されたS.J.R. 17-14を採択しました。


S.J.R. 17-14国選弁護人のオフィスの重要公益事業の配達に「非常に重要である」とみなされる従業員を雇う要請を承認しようと努めます。


国選弁護人アダム・ハードウィック主任は2011511日に2人のアシスタントの国選弁護人のポジションが重要公益事業の配達にとって非常に重要であったことを証明しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です