マフナス氏DPS緊縮政策撤廃を望む

DPS公衆安全局のラモン・C・Mafnasコミッショナーは、DPS人事の転属・昇進を禁止した1999年の緊縮政策法が撤廃されるべきであると言っています。


同氏はまた、警察学校志願者のための必要条件に心理上の評価を含めることも望んでいます。


同氏はDPSを「何ものにも劣らない課」にすることを望むと述べました。


マフナス氏によれば、1999年の緊縮政策が撤廃されると同時に、人員の昇進と転属が「競争プロセス」に入るであろうとのことです。


DPS は現在組織的な建て直しを行っている、と去る3月就任したマフナス氏は言いました。


同氏はまた感化局のコミッショナーでもあります。


2009年、数人の警官が同課に対する訴えに関連するDPSの決定の司法的見直しの請願を上級裁判所に提出しました。


この訴えは、とりわけ、DPSが法律によって必要とされる昇進、給料/手当の増加と競争的なセレクションプロセス規制に従っていないと主張しました。訴訟は裁判所で保留のままになっています。


マフナス氏は未来の訓練生が「士官になる資質と性格」を持っていることを望むと言いました。


「それは簡単ではない。難しい仕事である」と同氏は付け加えました。


マフナス氏は同氏のポリシーの4つの構成を繰り返しました。


「ケア、自制、トレーニング、処理」


現在、人事管理局によって証明された志願者は次の必要条件を満たすように要求されています。


-現地と連邦の集中的な特別な経歴調査


-英語の配置テスト


DPS アカデミー身体的健康のインストラクターによって行なわれた Agility テスト


DPS インタビュー委員会でのインタビュー・プロセス


-薬物検査

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です