NMIの苦難に焦点を絞る

グレゴリオ Kilili Camacho Sablan連邦下院議員はフィッティエル知事と議会に、連邦の問題に彼らのエネルギーを使い果たす前に、まずCNMIの経済問題を直すよう促しています。


サブラン氏は、漁場、野生生物、大洋と離島問題に関する米国の下院小委員会が714日に監督聴聞会を行なう時、フィッティエル知事が彼の法案H.R. 1466に反対することを期待しています。


Sablan氏はまた、政権の賛成メンバーによって支配されるCNMI下院が、CNMIのある特定の非居住者にステータスを与える彼の法案に反対している決議を準備していることも知りました。


金曜日のインタビューで、Sablan氏は知事にCNMIがまさに今直面している緊急の問題に注意を払って欲しいと言いました。


イミグレーションは今連邦の問題である、と同氏は付け加えました。


フィッテイェル政権はCUCコモンウェルス・ユーティリティ株式会社の問題を解決し、CNMI経済を救う方法を見い出すべきである、と同氏は言っています。


「知事と議会は、いんちきを操る代わりに、このような経済といくつかの問題に注意を払うべきである」とSablan氏は述べました。


政権は、CNMIがそれを得られないとわかっている200マイル排他的経済水域に関して主張を続けていることを同氏は指摘しました。


今年初めサブラン氏は、3マイルの冠水地を北マリアナ諸島に戻すことをもたらせるH.R. 670を導入しました。


714日の聴聞会のために、小委員会の幹部であるサブラン氏はCNMI上下院の議長に彼らの書面証言を提出するように求めたと言っています。


知事もまたこの聴聞会における証言のために招待されています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です