更なる予算削減

会計年度2011年はかろうじて3カ月が残されていますが、更なる予算縮小が今月起きる可能性が高いです、とイロイ・S・イノス知事代行は言っています。


イノス氏は昨日のインタビューで、政権がちょうど6月の収入徴税を完了したところであるとして、未だそれらが正確にさらにいくらカットするべきかを決定することはできないと述べました。


しかしながら、政府財源の絶え間がない下落を考えると、イノス氏は会計年度2011年の残っている月以上の縮小が「起きる」と言いました。


会計年度2011年の予算は去る4月、13,200万ドルから12,200万ドルに下がりました。


101日に始まる会計年度2012に、政権は1200万ドルの予算を提案しましたが、若干の立法議員が本当の数字は95百万ドル程度か、あるいはもっと少なくなると言っています。


別個のインタビューでエリー・D・カブレラ下院議長は、当会計年度の割当金の更なる縮小を予想していると言いました。


もし政府のキャッシュ・フローが改善されなければ、彼は会計年度2011年の予算はおよそ15百万ドルまで減らされると予想しています。


政権もまた、去る41日に最初に提案された会計年度2012年予算のその1200万ドルの計画を変えることが期待されています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です