ベナベンテ氏が彼の法案でロビー活動

716日付で辞任するディエゴ・T・Benavente下院野党リーダーによれば、彼の引退は彼が正しいと思うことをすることを阻止しないであろうとしています。


昨日のインタビューで同氏は下院で保留中の法案が3件があると述べました。


それらは下院に属するもので、彼の同僚は熟考して、それらに対して行動し続けると同氏は付け加えました。


ベナベンテ氏は懸念する市民としてそれらの通過のためにロビー活動を行うであろうと述べています。


彼の法案の2つは大変重要であると付け加え、ひとつは軍隊のストアから持ち込んだ商品を売るいかなる事業体にも罰金を課すものであるとしています。


同氏によれば、多数のストアあるいは個人が消費者に販売した軍隊ストアからの商品を買い続けているとしています。これは税金を支払っている卸売業者と会社に不公平です、と同氏は付け加えました。


「私は個人に対して軍隊の販売部から品目を入手し、それらを売る連邦法があることを知っています。けれども我々の問題は、我々がこれらの行為を制限する法律を持っていない」ということです、と彼は言いました。


彼は、もし下院がそれに対して行動しないのであれば、彼が上院に同じ法案を導入することを考えるように依頼するであろうと言いました。


政府のシャットダウンが再び起きた場合に備えて、彼が導入したもう1つの法案は重要公益事業を識別するものです。


「私は審議の一般大衆意見の部分において、ギャラリーに私の支持を表明し続けるでしょう」と Benevante氏は言っています。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です