イノス副知事、QC改革法案を拒否

知事代行のイロイ・イノス副知事は、特別な投資家たちに免税を提供する、資格証明プログラムQCを改革する法案拒否しました。


ジョセフ・P.デレオンゲレロ氏によって提起された下院法案17-58QC法の「若干のあいまいな条項を明確化する」ことを目的としています。


外国人投資家は税金と雇用のフォームでCNMI経済に貢献するけれども、法案は所有権とジョイント・ベンチャーに関する人々の「有意義な参加」がQC プログラムで「ひどく欠けている」ことを指摘しました。


H.B. 17-58は税金免除のためのQCを得るために「公益貢献あるいは投資」を必要条件として包含することを望みます。この法案はまた、QCプログラムが合衆国市民と永住者企業家が産業を興すか、あるいは拡大するのを助けることを望みます。


この政策は、新しい投資に対する最低投資額を百万ドルから1千万ドルまで、拡張を最高250万ドルまでに引き上げます


それはまた、返金なしの年間申請料も値上げします。


この法案は、フランチャイズ・レストラン、ウォーターパーク、水族館、コンベンション・センター、ディナー・センターの申請料を5千ドルから7千ドルに2千ドル引き上げます。


この法案は、テーマパーク、ホテル、ゴルフコースへの1万ドルをそのままとし、航空会社への費用は5千ドルから2千五百ドルへ、2千五百ドルの値下げを行ないます。


この法案は、インターネット関連ビジネスのようなタイプの新規投資に3千五百ドルを支払わねばならず、製造、高度なテクノロジーの工程を持つ製品は2千五百ドルを支払わねばならないと付け加えています。


H.B. 17-58はまた、事業拡張の申請費用に3千ドルを課しています。


イノス氏は彼の拒否メッセージの中で、「我々の経済が苦闘している時期に投資家を引き付けて、そして最新の(の・もの・人)を持続しさえする書類整理料金を引き上げることは不合理です」と述べました。


この政策は、費用を引き上げるだけでなく、監督費用に追加の年間料金も課していると、同氏は付け加えました。


同氏は、年間と監督費用は余分であると述べました。


イノス氏はまた、H.B. 17-58CDAのコモンウェルス開発当局の理事長にQCの発行と承認を認めることを指摘しました。


QC取引はCNMI政府と受益者の間でのことであるから、知事がこの利益の権限を発行し承認するままにしておくべきであるとイノス氏は言っています。


CDA会長は税金救済を与える権限を持っていないと同氏は付け加えました。


 

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です