ワイアット氏の解雇の背後に政治的、性格の対立

サイパン・ゾーニング監督官ダグラス・ワイアット氏は昨日、「原因なしで」彼を解雇するゾーニング委員会の決定に失望させられたと言いました。


「私はもう1年を継続する申し入れを受けたいと願っていました」と同氏は付け加えました。


ワイアット氏は2010719日に2年の契約で雇用されました。


同氏の契約終了に特定の立法議員からの政治的圧力が委員会に促されたかの問いに、ワイアット氏は「あったと思う」と述べました。


「ことは非常に政治的です。高い立場の人々に好まれなかったことを私が行なったことは確かです」と同氏。


同氏はゾーニング問題に関する彼の見解を立法議員たちに説明することを望んでいました。


ワイアット氏はまた、同氏の解雇が「性格的な対立」で行なわれた何かがあるとも考えています。


100パーセント確実ではないが、残念に思う性格的対立があったと思う。しかし、私はそれについて何が出来たかはわかりません」と同氏は述べました。


「私はまったく克服できなかったと思う若干の性格問題であったと思います。私が食い違うことを行なったかもしれない方法を反射させるときであると思いますが、その時再び彼らがひどく強硬な委員会でした」とワイアット氏は付け加えました

同氏は、新しいゾーニング監督官が委員会を正しく導くことにできるように望んでいます。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です