偽造アドバンス・パロールを提出したことで逮捕された乗客

米国のイミグレーションと税関は金曜日の朝、カリフォルニアのロサンゼルスで飛行機に乗り込むために偽造アドバンス・パロールを提出した男を逮捕しました。


Dongjun Li容疑者はイミグレーション書類詐欺の容疑で拘束されています。


NMI連邦地方裁判所は昨日、Li容疑者に更なる拘留聴聞が行われるまで残留することを命じました。


ビバリー・マッカラム連邦検事補はLi容疑者の継続的な拘留を要求しました。


法廷が指名した被告弁護人マーク・スコギンス氏はLi容疑者の釈放のため反論しました。


訪問中のカリフォルニア南地区のウィリアム・Q・ヘイズ連邦裁判官は聴聞会の後に U.S.マーシャル・サービスの保護にLi容疑者を再拘留しました。


同容疑者が日本の成田を経由してロサンゼルス行きのフライトにチェックインしようと試みたとき、ICE特殊捜査官ポール・C・ Akeo・ジュニア氏はデルタ航空職員に偽造の容疑をかけられた書式I-512を提出した男性、後にLi容疑者であることが認知されたこの人物について合衆国税関と境界保護管理担当官のMark Laymanから電話を受けたと言いました。


Li容疑者の書類を再検討してすぐに、Akeo氏は「私は多数の問題点を指摘しました」と述べました。


Akeo氏は、この書類が合衆国イミグレーションと帰化サービスINSが米国土安全保障省DHSとの共存であったことを示していたと指摘しました。


しかしINS2003年に中止していました。


Li容疑者の書式I-512はINSとDHS両方の承認記載がありました。さらに、INS書式I-512は外国人ファイル・ナンバー記載がありませんでした」とAkeo氏は言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です