航空座席がNMIの最大の挑戦

北マリアナは2005年に日本航空が撤退する前の航空座席数のレベルを未だ回復していません。


MVAのマリアン・アルダン・ピアス理事長は木曜日の米下院小委員会を前にして行われた証言の中で、「日本と全ての市場に直面するCNMI旅行産業の最大の挑戦は島への航空座席数である」と述べました。


アルダン・ピアス氏によれば、CNMIはその日本マーケットで直接的、間接的な経済的機会で毎年7,720万ドルと2440万ドルを失っていると言いました。


彼女は2005年の日本航空の撤退が航空座席全体の35パーセントの損失をもたらせたと述べました。


201012月から、デルタ航空はCNMIの最大の財源都市、東京・成田からのそのデイリーフライト3便の一つを週にわずか3便に削減しました。アルダン・ピアス理事長によれば、これが年間66,430席から37,856席までの減少をもたらせたとしています。


彼女は、去る4月に正式に打ち切りとなったこの一時運休フライトが、地元の観光産業の不確実を証明していると言いました。


これに加えて、1年のピーク期間だけオペレーションを再開するという状態で名古屋からのデイリー直行便がデルタ航空によって停止されました。


アシアナ航空はピーク時期に毎日就航する大阪からの季節便を提供していますとアルダン・ピアス氏は述べています。


彼女は、これらの つの CNMI人の


その韓国マーケットでは、CNMIはアシアナ航空が先月、釜山からのフライトを取り消したことで別の損失に直面しました。


アルダン・ピアス氏によれば、韓国の航空会社は昼間運航しているインチョン・ソウル便を週4便から2便に削減したことで、「週単位で航空座席の18パーセントの損失を示している」としました。


彼女はこれが今月戻されることが予想されるけれども、それがCNMI2つの最も大きい観光客マーケットの航空業務の不安定性を強調すると言いました。


しかしながら、中国とロシアは疲弊している観光産業に希望の兆しを提供し続けています。


アルダン・ピアス氏によれば、現地イミグレーションの連邦化から、中国マーケットは来島者数合計の11パーセントに増え、「引き続き成長している」として、同時にロシアのマーケットは来島者数全体の1.3パーセントに匹敵するとしています。


 


彼女はCNMIが中国の最も豊かな2つの市の上海と広州からの4機のチャーターフライト直行便を持っており、他方フライ・グアムが香港に向けて週に3回の航空業務を行うと報告しました。


彼女はフライ・グアムとロシアの航空会社が、2つの香港とCNMI(観光パッケージ)とロシア人のために両方の目的地でビザ免除を利用することを提案する計画にしたがって、香港を経由してロシアの観光客を連れて来るための交渉を行っていると言いました。


アルダン・ピアス氏は、継続したロシアと中国の入国ビザ免除の規約を含む、グアム-CNMIビザ免除プログラムを継続するための最終規則を提言しました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です