襲撃の容疑で逮捕された国外退去の外国人

20093月から退去命令が出ているPRISCO Ongrung容疑者38歳は土曜日の夜、バトンで別の人物を殴った罪で逮捕されました。


パラオ人のOngrung容疑者は昨日の午後、彼の保釈審判のため最初の出廷で上級裁判所に現われることになっていました。


デイビッド・ワイスマン裁判官は以前、凶器による暴行の罪状とジョーダンOngklungel氏の暴力行為のために、Ongrung容疑者に6,000ドルの保釈金を課しました。


彼の、2件以上の軽罪あるいは1件の重罪の有罪判決で退去させられるべき外国人であることに対して、2年前にOngrung容疑者の追放を発効したのもワイスマン判事でした。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です