再統一がたくさんの問題を提起

フィッティエル知事がエディー・カルボ、グアム知事とマリアナ諸島を再統合する計画に取り組んでいると言ったとき、代表者グレゴリオ Kilili Sablan米下院議員は他の皆よりも驚いたことを認めています。


フィッテイェル知事は金曜日の公聴会で、漁場、野生生物、大洋と離島問題に関する下院小委員会に、2つの合衆国離島領域を再統合することにおいて、彼とグアムからの彼の対応者が一緒に働くことを誓ったと言いました。


「我々の大部分がフィッティエル知事がマリアナ諸島を1つの政府の下に置く計画において、カルボ知事と共に働いていることを知って驚きました。これは確かに多くの問題を提起します」、と電子メールでサイパントリビューンにSablan氏は語りました。


合衆国議会への2期目のCNMI代表者は、彼が再統一のようなデリケートな問題に関して確かにフィッテイェル氏の表面上だしぬけの宣言によって困惑させられると言いました。


「1世代にとってうまく我々に従事していた、北マリアナ諸島の人々が合衆国と交渉したその盟約に何が起きますか?そして2人の共和党の知事はいつ彼らの私的な協議に大衆と他の地元のリーダーを含めることを計画するのでしょう?」と彼は尋ねました。


個人的にサブラン氏は。彼は再統一に与える考えがほとんど持っておらず、彼は、その代わりに、今コモンウェルスの人々の生活価値を高めるためにすることができることに焦点を合わせることをむしろ好んでいると言いました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です