CNMI労働局が第九回巡回法廷控訴で勝訴

現地労働局は金曜日に連邦控訴院から満場一致の決定を勝ち取りったとの情報をバラエティ紙は得ました。


法廷は債券発行訴訟で聴聞官による決定からロイヤル・クラウン保険会社の控訴を却下しました。


20095月、聴聞官はサイパンの前Rifu縫製工場経営において滞っている給料で28,000ドル以上を労働者に授与しました。Rifu20091月にその業務を閉鎖しました。


ウィリアム・フィッツジェラルド氏はプロ・ボノを基本としてコモンウェルス代表している第九控訴院の訴訟に反駁しました。


ハワード・ウィレンス氏は検事総長補佐として彼の法廷資格で第九控訴院の概要を書きました。ウィレンス氏は知事の特別法律顧問も勤めています。アンソニー・ロング氏はロイヤル・クラウンの代表として出廷しました。


ロイヤル・クラウンはアレックス・マンソン裁判官が控訴を却下した聴聞会士官の連邦裁判所への命令からその控訴をとりました。


ロイヤル・クラウン、連邦と個人としてのKaipat氏の両方を告訴して、債券発行の訴訟に関する労働局のプロセスが(すでに)その憲法上の権利に違反していたことをはっきりと示しました。


ロイヤル・クラウンはRifuの賃金支払いを保証している債券に従って、支払い・返済義務があった労働者に支払うことを拒否しました。


マンソン判事はロイヤル・クラウンが連邦裁判所でその控訴を提出したのが(すでに)あまりにも遅かったと考えました。ロイヤル・クラウンの控訴は期限は200981日迄でした。同社は2009817日まで提出しませんでした。


ロイヤル・クラウンは、適法手続きのその権利が(すでに)拒否されていたと伝えましたが、マンソン判事はその反論を却下しました。


エリー Golob検事総長補佐は地区の訴訟手続きでコモンウェルスを代表しました。


ロイヤル・クラウンは200961日に聴聞会士官の決定からその控訴を提出しました。


CNMI法に従って、労働局長は控訴に対する決定に30日を保有しています。


もし局長が認められた時間以内に行動をしなければ、聴聞士官の決定は自動的に法律の措置によって確認されます。


この場合、局長は200971日までに(まだ)命令を出していませんでした、それでロイヤル・クラウンに労働者への支払いを要求している聴聞士官の決定は最終となりました。


その時、法律は当事者に法廷に控訴する30日保有を提供しました。ロイヤル・クラウンは法廷への控訴のためのこの30日間の期限を失いました。


それが市民権法規の下で「人物」ではないため、第九回控訴院はロイヤル・クラウンがコモンウェルスを告訴することができなかったと判断しました。


法廷は、同様に当時労働局長代理のJacinta M・Kaipat氏を告訴することを、ロイヤル・クラウンが禁じられたと考えました。


法廷によれば:「政府機関の判決が連邦法に従って公正で、そしてロイヤル・クラウンが局長の最終措置からタイムリーな方法で見直しを請願し損ねたため、法律上の、そして事実の両方が管理上の既判事項のその教義による連邦裁判所での除外する効果を増やす措置で解決した」


同じく除外訴訟として知られている既判事項は「[すでに]審査された問題」のラテン表現です。


法廷は「緊急の問題において同課がロイヤル・クラウンに対しての、その補償金の措置におけるその手順が適法手続きに適合したかどうかの問題を裁判した」と説明しました。


労働局はそれが即座に滞っている給料に対するRifu労働者のクレームに対して行動したと言いました。会社は同課にビジネスを継続することが不可能であるということを20091月に知らせました。同課は聴聞会を開催し、そして2009227日に滞っている給料における命令を出したと言いました。


雇用者は支払うことが不可能でした、それで同課は20093月にロイヤル・クラウンに債券徴収の通知を送達しました。


補償金についての聴聞会は200951日に開催され、そしてロイヤル・クラウンに労働者への支払いを指示する聴聞士官の命令は2009518日に発効されました。


ロイヤル・クラウンがその嘆願で、20095月から20117月まで、2年以上の遅れを得ました。

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です